So-net無料ブログ作成
チーズ cheese! ブログトップ
前の10件 | -

その108 パルメザンのスライスチーズ [チーズ cheese!]

パルメザンチーズといえば、思いつくのは粉チーズなのですが、

塊でもない、粉でもないパルメザンチーズが。。。

画像 079.jpg

スライスチーズになって売っていたのです。

ものめずらしさも手伝って、ついお買い上げ。

クリーミーな味わいの中に、しっかりパルメザンの香りのあるスライスチーズ。

味違いのスライスチーズMIXパック、なんてあったら楽しいな、でした。

 


その107 山羊さんのチーズフォンデュ ~スイス・チーズフォンデュ~ [チーズ cheese!]

いろんなメーカーからチーズフォンデュのセットが売られている中、

なにやら見かけないパッケージが

銀色のパックに、あとから被せた感たっぷりの商品ラベル

画像 003.jpg

よくみると、同じチーズフォンデュでも山羊製のものではないですか。

ちょっぴり珍しいので、もちろんお試しに。

温めるだけで、とても色白でクリーミーなフォンデュペーストに

少し冷めても、クリームチーズを塗る様に食べられて美味しかったです。

でも、ちょっぴり匂いは、普通のフォンデュより強かったかも。。。でした。

 


その106 スペインの缶入りチーズ [チーズ cheese!]

チーズ売場にしては、とても目立つ異質な容れ物が

手にとって見ると、やっぱりチーズ、でも、異質というより異国?!のもの

スペインチーズ.jpg

どうやらスペイン産のハードチーズらしい

スペインチーズ2.jpg

裏返すと羊飼いさんと沢山の羊の写真。

間違いなく羊乳のチーズと主張。。。

最近は牛乳でないものも気に入ってるから大丈夫かな?とお買い上げ

スペインチーズ3.jpg

缶を開けると、真空になったチーズが一切れ

真空になっているにもかかわらず、結構つよい香りが開封とともに。。。

お味のほうより、缶の個性のほうが記憶に残る一品でした。

 


その105 Gerber sortes ~スイス版6ピースチーズ~ [チーズ cheese!]

スイスのチーズ業界、思ったより企業数が少なくて、

そんな大手さんのうちの一つのGerber社が出すスイス版6ピースチーズ

gerber1.jpg

脂肪分も4分の1と、体にもやさしく作られた3種類、各2個入りの6ピースのチーズ

ノーマル味と、ハーブ入り、ハム味の3種類

gerber2.jpg

朝食のトーストと一緒に食べると、味に変化があって楽しいかも、

な6ピースチーズでした。

 


その104 焼き目入りのシェーブル ~Rians Palets de Chevre~ [チーズ cheese!]

個人的シェーブルブームも、気温の低下とともに下がっていって。。。

と思っているところに、ちょっぴり面白いものが登場

シェーブルチーズ、トーストにのせて焼いたり、サラダにのせたり、なのですが、

画像 042.jpg

こちらのものは、すでに焼き目入りで売り出されていました。

Rians社 8Palets de Chevre

あとは、サラダにのせるだけ???な見た目

さっぱりしてクセのない仕上がりのものなので、とっても食べやすくて、

カットしなくても、使えるのはある意味便利!なシェーブルでした。

 


その103 バスク地方のチーズとさくらんぼジャム ~セットで~ [チーズ cheese!]

クリスマスからお正月にかけのスーパー

いろんなパーティ食材が出てきて賑わっいて楽しい

いろんな盛り合わせのチーズが出ているなか、ちょっぴり珍しいセット販売?

別々に買うことはあるけど、一緒になっているのは初めてなので、ちょっと楽しい!

画像 049.jpg

バスク地方の羊乳のチーズに、黒さくらんぼのジャム付き

結構オーソドックスな組み合わせかと思いきや、レジを通過するときに

「これ、何?」とレジを打つお姉さんが訊いて来て。。。

どうやら、チーズとジャムなんて合わせて食べた事がなかったらしい。

おそるおそる、奇妙な物を触る手つきでレジ通過、でした。

甘ジョッパイ、もなかなか悪くないんだけどなぁ。。。

今度試してくれるかな?でした。


その102 お気に入りのブリヤサバランの新作 ~トリュフ入りになった!~ [チーズ cheese!]

チーズ屋さんだけでなく、普通にスーパーでも沢山扱われているチーズ

量販品には量販品なりのよさもある、と色々試しているのですが、

ちょっぴりご無沙汰しているお店を覗いてびっくり!

画像 052.jpg

お気に入りのブリヤサバランを出す会社から、パーティシーズン向け?に新作が!

ブリヤサバランとは命名せず、『トリプルクレーム 夏トリュフ入り』というお名前

トリュフの使用量は実はたったの2% それでも、ノーマルの3倍近いお値段に!

画像 053.jpg

↑2%の使用量というのは、こういう状態になるらしい。。。↑

中心に一本線のようにトリュフの刻んだ物が入っていました。

ちょっぴり贅沢バージョンも、たまにはいいかな?

でも、普段どおりのチーズのほうが熟成むきかも、でした。

 


その101 トリュフ入りペコリーノチーズ ~イタリアの加工チーズ~ [チーズ cheese!]

イタリア産のペコリーノチーズ、だけならフツーのお値段なのですが、

↓妙にお高いお値段?!と思ったら、トリュフ入りのペコリーノチーズでした。↓

画像 043.jpg

わりにフレッシュ感の強い、軽い酸味のある仕上がり

プツプツと黒くみえるのがトリュフです。

思い切って半分に割ってみると。。。。

画像 045.jpg

所々に、点々と混在。スライスすると、見えたり見えなかったり。

でも、しっかり香りはついています。

そのまま食べるより、スライスして、パンと一緒にトーストすると、

ちょっぴり豪勢な感じのトーストに。

チーズの酸味もとんで、軽い仕上がりのトリュフ風味チーズトーストが楽しめました。


その100 スイスの長熟チーズ L'ETIVAS [チーズ cheese!]

チーズの記事も、なんとか100件目となりました。

というわけで、スイスのチーズをアップ。

珍しい方の部類に入る、スイスの長熟タイプのチーズを。

20100921スイスチーズ2.jpg

長さ10センチくらいに薄く削られてカールされているチーズ

スイスらしい切り絵風の絵がパッケージに

くるっとパッケージを見ていると。。。

20100921スイスチーズ4.jpg

夏の時期に放牧して作った美味しいミルクから作った3年熟成、という表記が

長熟タイプのチーズは、コスト高にもなる為、なかなか定着しないなか、珍しいなぁ、と。

お味はというと、個性はあるものの、ほんと薄くスライスしたものを巻いてあるので、

ちょっぴりコクが感じにくいのが、ちょっぴり残念。

今度出すときは、もうちょっと厚切りがいいな、でした。

 


その99 グリュイエールチーズ、ハムとコラボ? [チーズ cheese!]

スーパーでハム売場のパッケージを眺めていたところ

妙に気になる黄色と赤のだんだら?なパッケージが

20101001セットハム.jpg

スイス定番のおつまみパック、というようなコンセプトなんでしょうか

くるりんとカーブされたグリュイエールチーズと、丸められた干し肉のスライスが交互に

20101001セットハム2.jpg

ある意味手間のかかったパッケージ?

そのまんまどちらも食べれる組み合わせなので、ある意味便利なパッケージ、でした。

 


前の10件 | - チーズ cheese! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。